カテゴリー別アーカイブ: 活動記録

2017年度 和同弁知 (WordPress勉強会) 第2回 ふりかえり

WebデザイナーによるWebデザイナーのためのマーケティング入門
スピーカー: 石田 美穂(みほじ)さん

新規開拓、顧客獲得を目指したい中小零細企業のサイトが成果が上がらないのは「制作」だけではどうにもならない。
市場や競合を調査して目標を定める「マーケティング」からはじめて、それに基づく制作、SEOを含めた運営まで一貫した流れが必要であること、
マーケティングの知識は0から100の知識はすぐにはいらないから10までからでも身につけることからはじめよう。
個人として事業で実践されておられる石田さんにリアルな経験をまじえてお話いただきました。


■ 石田さんのブログ記事
WordBench奈良にて「Webデザイナーとディレクターのためのマーケティング入門」のお話をしました | イシダウェブ工房

2016年度 和同弁知 (WordPress勉強会) 第6回 ふりかえり

(1) Illustratorのデザインデータからテーマをつくる
スピーカー: 川井 昌彦さん

Fireworksのヴァージョン更新が途絶え、制作者は他のソフトへの転換を求められますが、
Illustratorによるデザイン制作は、PhotoshopよりHTML+CSSのウェブサイト制作には向いていると考える、川井さんご自身の作業経験に基づく手法をご紹介いただきました。


(2) おしえて!デザインに関すること(ディスカッション) 奈良編

過去、京都、神戸で開催歴のある、主にプログラマやノン・デザイナーに向けた、デザインについての疑問に答えていくというディスカッション式のセッションでした。
今回は主にフォントの採用で、ウェブサイトが伝わるメッセージのニュアンスや信頼感が変わるというお話を中心に川井さんにご回答いただきました。

■ 川井さんのブログ記事
WordBench奈良でAdobe Illustratorによるテーマ開発についてお話してきました | Cherry Pie Web

2016年度 和同弁知 (WordPress勉強会) 第3回 ふりかえり

3月よりWordBench奈良モデレーターになりました中垣です。
どうぞよろしくお願いします。

3月26日(土)in Woman’s future center
今回のお題は「バックアップとリストアについて学ぼう
スピーカーは若林 健一さん。

img01

バックアップって必要ですよね。みんなどうやって取ってるの?本当にリストアできるの?
できればやりたくないんだけど…そんなお悩みから始まった今回のWordBench奈良。

みんなでやれば、こわくない!ということでハンズオン形式で行われました。

ファイル 2016-04-04 10 13 02

バックアップってどんな時に必要?というお話から。
・サーバーを移転したとき
・サーバやシステムのアップデートのとき
・障害が起こったとき

データベースや記事、画像などどの部分をバックアップ取るかによって方法が異なるということもお話されていました。
方法としては
・標準機能の「インポート」「エクスポート」。
・バックアップ用プラグイン
・データベースツール(PHPMyadmin)
・wp-cil

などなど。

そして下記の流れでバックアップ&リストアを試してみることに。

記事入力などやる

バックアップを取る

データを消す!

リストア

img03

テスト環境は若林さんが「wp−cil」を使って全員分、準備していただきました。
そしてデータを消す部分は、全員分をコマンドラインで一括で操作して削除。
コマンド…黒い画面…苦手意識が高いですが、実際に操作されているのを見ると便利さに気づきますね。

実際に使ってみたツールはこちら!

■標準機能の「インポート」「エキスポート」
■バックアップ用プラグイン
WordPress DatabaseBackup(WP-DB-Backup)
投稿、固定ページについてのバックアップ
BackWPup
WordPressのWebサイトを丸ごとバックアップ

それぞれ長所、短所はありますが、自分の運用方法などに合わせて使い分けていきたいですね。

でも一番安心なのが「サーバ丸ごとバックアップ」というご意見も。
予算がとれるのであれば、クラウドサーバーならまるごとバックアップできるできるそうですよ。

ただ数百円代のレンタルサーバでは難しいということなので、ツールを使ったバックアップも知識として持っておきたいところです。

一度経験してみることで、バックアップ&リストアのハードルが低くなりました。
きちんとバックアップを取ることで、いざというときに慌てないで対応できればいいなぁと思います。

若林さんありがとうございました!

それでは次回のWordBench奈良もお楽しみに!

2016年度 和同弁知 (WordPress勉強会) 第2回 ふりかえり

第2回和同弁知が2月11日に開催されました。
今回のお題は「[ワークショップ] アイキャッチをデザインして表示してみよう」、
スピーカーはWordBench大阪のモデレータでもあるYATさんでした。

wbnara01

30分ほどスライド使っての説明の後、ワークショップということで、各自奈良のシンボル「東大寺」をテーマにアイキャッチの制作に入りました。

YATさん作成のスライドはこちら↓↓

写真はどれにする?、とかキャッチコピーはどうする?など、ザワザワしたり、シーンと全員が集中して作品の制作に没頭したり、で約1時間の制作タイムはあっという間に経過しました。

IMG_1849
↑↑ YATさんが見回って、デザインのアドバイスをしてくれています!

そして、約1時間の制作タイムのあと、みんなでお互いの作品の見合いっこをしました。
少し恥ずかしい気もしましたが、他の人の作品を見て回ると同じお題でも、こんなに視点が違うのだな、と感じられ、大変面白かったです。

wbnara03

その後、中でもデザインに工夫があった4人の方に作品の発表をしていただきました。
(発表してくれたAya Sakagamiさんが早速ブログに書いてくれています!ぜひご一読ください。
「WordBench奈良 〜アイキャッチを使ってWordPressに表示しよう〜 にいってきました。」ー さかがみのブログ

皆さん、アイキャッチを作るに際し、どういったサイトでどのようなターゲットに対して作るのか等を決めた上で、作成されていました。どれも、さすがだなーと感心するものばかりでした。

最後は、WordPressにアイチャッチを設定する方法の解説があり・・・
無事第2回和同弁知が終了しました!

なお、YATさんが今回の勉強会の内容をわかりやすくブログにアップしてくださっています。
参加された方も、そうでない方も大変参考になる内容ですので、ぜひご覧ください!
「アイキャッチをデザインして表示するワークショップを実施してきました in WordBench奈良」ー YATのblog

私は、ワークショップという形式での勉強会は、初めてでしたが、大変充実した楽しい時間となりました。そして、このようなワークショップ形式で登壇者の方と参加者の方がフランクに話ができたり、質問ができたりするのは、少人数の勉強会、WordBench奈良ならでは、だな、と思った次第です。

この度は、登壇いただいたYATさん、参加された皆さん、楽しい勉強会をどうもありがとうございました。

第3回の内容は只今検討中です。
決まり次第、当サイト、FacebookTwitter等でお知らせします。
ぜひ、ご参加ください。

WordBench奈良モデレーター 堀居

2016年度 和同弁知 (WordPress勉強会) 第1回 ふりかえり

本年のどうぞよろしくお願いいたします。

2016年度の第1回は「プラグイン Advanced Custom Fieldsを学ぶ」。

WordPressをビジネスサイトのCNSとして活用するうえで、「カスタムフィールド」の機能の使用は無くてはなりません。
しかしデフォルトで整備されている状態はユーザーにも制作者にもわかりにくく、
プラグイン Advanced Custom Fieldsはその問題の解決に大きく役立ち、400万超のダウンロードで同類のプラグインのなかで
群を抜いた支持があります。
でも、これを使用するうえでテンプレートファイルの作成や加工も必須で、その基本手順をサンプルを使って作業しながら学びました。


■練習素材
時間内に取り組んだサンプルです。
https://wbnara.com/data-files/1601_practice_01.zip

(サンプルは高橋のりさんの著「基礎からのWordPress」の付録のテーマ素材 simple-simpleをベースにしています)

今回は、はじめての会場で、昨年西大寺にOPENされたboki cafeさんのお部屋をお借りして開催しました。
階段入口にboki cafeさんのイメージカラーの青いボードで誘導いただき、
お部屋からは西大寺の金堂の眺望があり、こじんまりとして少人数の集会や勉強会に向いています。
机もすべて脚に車がついていて、レイアウト替えが簡単に可能です。
コーヒーまたは紅茶のワンドリンクがついています。

奈良最大のターミナルという好アクセスな場所でもあり、今後日程や見込まれる参加人数に応じて、
また会場として使用していきたいと考えています。

161016_01161016_02

2015年度 和同弁知 (WordPress勉強会) 第10回 ふりかえり

10月は開催の都合上お休みをいただいて、1年ぶりの午前開催になった今月のお題は
「プラグインをつくってみよう」

WordPressにはさまざまなプラグインをインストールすることで機能拡張し、ユーザーにとってより使いやすい、目的にアプローチできる魅力的な特徴があります。

公式に公開されているプラグインは4万を超えていますがWordPress本体同様、個人が任意で作成している公開されたオープンソースです。

そのはたらきは使用しているテーマのfunctions.phpにそのプログラムを書き足しているのと同じ意味合いをもっています。

ということは、普段私たちがクライアントのサイトを制作する際に、毎回同じ記述をして機能追加しているようなことがあるとしたら、そのコードをプラグインにすると作業効率がはかれる、と考えられるわけで、

そういうお約束のコード記述があればプラグインにしてしまおう、今回はコードそのものの関数についてはあまり深く掘り下げず、プラグイン化をする一連の作業を習得する、そういう企画でした。

WordBench参加歴2回、奈良初のすぎやまたけしさんに人生初!のスピーカーと世話人としてお手伝いをいただいて、
その手順と、時間の最後に公式にプラグインを申請した時の貴重な体験を語っていただきました。

 

 

(手順の概要)
■ディレクトリ
wp-content/plugins/(半角英数のプラグイン名)/(半角英数のプラグイン名).php

半角英数で命名したプラグイン名のphpファイルを同名のフォルダに入れて、pluginsフォルダにアップ。
( (半角英数のプラグイン名).phpを直接pluginsフォルダにアップしても機能します)
■(半角英数のプラグイン名).phpに記述する内容

<?php
/*
Plugin Name: (プラグインの名前)
Plugin URI: (プラグインの説明と更新を示すページの URI)
Description: (プラグインの短い説明)
Version: (プラグインのバージョン番号。例: 1.0)
Author: (プラグイン作者の名前)
Author URI: (プラグイン作者の URI)
License: (ライセンス名の「スラッグ」 例: GPL2)
*/
// ここに関数を書く
?>

WordPress Codex日本語版 「プラグインの作成」 より

■練習素材
時間内に取り組んだ練習素材です。

(1)[pc]~[/pc]、[nopc]~[/nopc]のショートコードで囲まれた領域をPCのみ、スマホのみで表示する
https://wbnara.com/data-files/151121_sample_01.zip

(2)投稿画面のカテゴリーメタボックスのスクロールをなくす
https://wbnara.com/data-files/151121_sample_02.zip

(3)投稿画面のカテゴリーメタボックスでチェックしたカテゴリーが最上部へ移動しないようにする
https://wbnara.com/data-files/151121_sample_03.zip

(4)[latest-shotocode]とショートコードを書けば新着記事5件の一覧が表示する
https://wbnara.com/data-files/151121_sample_04.zip

和同弁知 (WordPress勉強会) 2015年度 第9回 ふりかえり

2015/ 9/26
Women’s Future Center
13:30~16:00
参加者  9名

お題「vccwを使ってみよう」
スピーカー・世話人: 若林 健一さん

ネット接続のないパソコン上に仮想サーバVagrantをインストールしてWordPressの開発環境vccwを使うハンズオンを行いました。
VirtualBoxがパソコン内にもうひとつ別のマシンをつくるというその意味合い、いわゆる「黒い画面」における記述の簡単な約束事に至るまでわかりやすい解説のもと、vccwの起動、テーマやプラグインの切り替え、追加削除、全員は時間内に達成できませんでしたが、本番環境との転送のやりとりまで取り組みました。

参加された方々のフォローについてはWordBench奈良のFacebookグループで対応していただいております。

WordBench奈良のFacebookグループは、誰かに見られて気負うようなことなく、WordPressに関する質問ができるように「非公開」にしていますが、Facebookをご利用されていて、和同弁知やWordBench奈良の活動にご関心があるかたはどなたでも参加申請していただければ、ご利用いただけます。

(セッション資料)
http://bit.ly/vccw0926

※注意※
データを転送する本番環境については、期限ありで世話人の方がご好意で本会に参加された方のみに割り付けていただいたものですので、参加されておられない方にはご使用いただけませんのでご了承ください。

「和同弁知」2015年度第8回 &第7回 concrete5奈良オフ会 ふりかえり

2015/ 8/29
Women’s Future Center
13:30~16:00
参加者  9名

お題
【WordPress】 管理画面操作でサイトデザインをカスタマイズする方法 (高井 茂樹)
【concrete5】 インストールからサイト作成、権限機能について (猪上 博史)

8月の和同弁知はconcrete5オフ会と共催で行いました。
それぞれのCMSをはじめてさわる方々に向けた内容で、WordPressはバージョン4.3でグレードアップした「テーマカスタマイザー」の使用方法について、
concrete5はバージョン5.7の基本操作について、それぞれ実機操作をスクリーンで確認しながら学びました。


concrete5奈良オフ会よりご連絡

8/29の和同弁知&concrete5奈良オフ会にご参加いただきましてありがとうございました。
セッション内でご紹介いたしました concrete5のダウンローダーと動画での勉強会の紹介をします。

■ ダウンローダー(使い方はreadmeを見て下さい)
https://github.com/tao-s/c5downloader

■ 勉強会v動画(動画で学べます)

今後のconcrete5の勉強会の情報はconcrete5のグループから発信しますので、ご興味ある方はこちらに登録してください。
https://concrete5-kansai.doorkeeper.jp/

和同弁知 (WordPress勉強会) 2015年度 第7回 ふりかえり

2015/ 7/18
Women’s Future Center
13:30~16:00
参加者 12名

お題「プラグイン”WooCommerce”と公式テーマでオリジナルECサイトをつくる」
田中 昌平さん(職人工房 合同会社、WooCommerce日本語サポートサイト運営)

台風通過後のJRローカル線の寸断で、とくに京都方面からにエントリーがあった方々が参加できない等、残念なこともありましたが、勉強会自体は通常通り開催されました。

5月にWordPress.comを運営する Automattic社が事業買収して注目のECプラグイン、WooCommerceの基本的な使い方を専用の公式テーマ Storefrontを適用した上で、みんなで自分のPCで確認しようという内容でした。

日本国内における、WooCommerceの整備は、いま第一人者である田中さんをおいて、他に積極的に取り組まれている方はまだおられず、WooCommerceもまたWordPressと同様に、みんなでその機能を学んで理解し、たとえば翻訳などに協力しあって、私たちがともに日本人に使いやすいWooCommerceにいこう、そういうことも確認しあう会でした。

和同弁知 (WordPress勉強会) 2015年度 第6回 ふりかえり

2015/ 6/13
Women’s Future Center
13:30~16:00
参加者 18名

お題「PHP使わんでもいけるWordPressテーマの話」
岡本秀高さん(株式会社ロックウェーブ / エンジニア)

創立3年目に入って第1回目の和同弁知はWordPress コア実装が待望されるWP-API関連の知識を、京都から岡本さんをお招きし、みんなで学びました。

未来志向でアカデミックなお題は奈良でははじめてで、参加募集初日で最低催行人数を超え、当日はほぼ満席、過去第2位の参加者数で、関心の高さが感じられました。
実装予定の機能を可能にするWP-APIプラグインをインストールされたWordPressのサイトから外部で情報を取得する簡単な実践も行いました。

次世代コードとして注目されるGoogleのPolymerも紹介され、双方の組み合わせで現在とは違う近い将来のWebサイトなどで終演後も話がもり上がりました。

関連記事