活動記録」カテゴリーアーカイブ

和同弁知 (WordPress勉強会) 2015年度 第5回 ふりかえり

2015/ 5/ 9
Women’s Future Center
13:30~16:00
参加者 12名

お題「Webディレクターとして WordPressを提案するときに考えること + 運用」
松野尾絢三さん(NPO法人クリエイター育成協会 理事 / 合同会社ワイヤーフレームズ 代表)

今回の和同弁知はWordPressに関するテクニカルな内容ではなく、ウェブサイトとしてクライアントにWordPressを提案すること、完成後の運用についてみんなで学びました。

制作サイドにいる人なら自身の経験に照らして苦笑いできる失敗エピソードも盛り込んで洗練されてきた松野尾さんと職場のみなさんの手法に学ぶところの多い内容であったと思います。

和同弁知 (WordPress勉強会) 2015年度 第4回 ふりかえり

2015/ 4/19
Women’s Future Center
13:30~16:00
参加者 10名

お題「気になるとなりのひとのプラグイン」

紹介されたプラグイン

■ WordPress.comのアカウントを取得して使う
□ Akismet
コメントやトラックバックの内容をサーバーでチェックしてくれるスパム対策サービス
□ Jetpack by WordPress.com
アクセス統計やSNS連携など30以上の機能が利用できるプラグインで、ほとんどの機能が無料で利用可能。
■WP Multibyte Patch
マルチバイト文字の取り扱いに関する不具合の累積的修正と強化を行うプラグインです。
■ Hello Dolly
じつはWordPressのプラグイン作成の基礎的な内容があったりする
http://www.tecking.org/archives/3538
■ Category Order and Taxonomy Terms Order
「外観」 > 「メニュー」を使わない場合で、カテゴリー、タクソノミーの並べ替えがマウス操作で可能。
■ All In One SEO Pack
SEOの措置を行いやすくするためのツール(インストールすればSEOに効果があるわけではない)

■ テンプレートに専用コードの記入が必要
□ Breadcrumb NavXT
ぱんくずナビ
□ WP-PageNavi
ページネーション(ページ分割時のナビゲーション)
■ Duplicate Post
投稿の複製ができる
■ Intuitive Custom Post Order
投稿日時に無関係に一覧においてマウス操作で記事の並べ替えかできる
■ ShowID for Post/Page/Category/Tag/Comment
投稿、固定ページ、カテゴリーなどのIDが管理画面の一覧に付与される
■ Show Current Template
ログイン状態で閲覧しているページで使用されているテンプレートphpがAdminバーでわかる
■Google XML Sitemaps
sitemap.xmlを更新のたびに自動で再生成する
■ Search Regex
投稿内容の「検索・置換」ツール。引っ越しでドメインなどURLパスが変わるとき便利。
■ TinyMCE Advanced
絵文字が使えるなど、エンドユーザーの投稿にフレンドリーなツール。
設定をエクスポート・インポートできる
■ WP Total Hacks
リビジョン(投稿修正前のバックアップ)、ピンバックの制御、管理者以外にアップデート通知を隠すなど、いろいろ便利

関連記事

和同弁知 (WordPress勉強会) 2015年度 第3回 ふりかえり

2015/ 3/21
Women’s Future Center
13:30~16:00
参加者 8名

静的にコーディングされたCSS+HTMLをWordPressで使えるテーマに加工することは、
ウェブサイト制作を生業とするかたには必要不可欠なテクニックです。
昨今はウェブサイトはスマホ対応は必須で、レスポンシブデザインで作成されたHTMLを”WordPress化”することも求められることは多いかと思います。

今回はレスポンシブデザインの静的HTMLを無機質はWordPress公式テーマに組み込んでいく作業をハンズオンでみんなで行ないました。
この日に参加されたみなさんにはWordPressを触り始めた段階の方が多く、完成にはいたりませんでしたが、
置き換えるタグ、どういう役割なのかを理解したうえで、残すタグを判断して作業していくことを学びました。

和同弁知 (WordPress勉強会) 2015年度 第2回 ふりかえり

2015/ 2/14
Women’s Future Center
13:30~16:00
参加者 8名

第1回のWordPressについての疑問質問&もくもく会で疑問や関心が多かった
カスタムフィールド、カスタムタクソノミー、カスタム投稿タイプについて学ぶ会でした。
それぞれはデフォルトのままでは使えないWordPressの機能ですが、プラグインやテンプレートにコードを追加することで、ブログ向けのWordPressの仕様をビジネスなどに有効なデータ入力とその反映に適したパフォーマンスを引き出すもので、参加された方々からは閉会時間を超えても質問・議論が交わされました。

和同弁知 (WordPress勉強会) 2015年度 第1回 ふりかえり

2015/ 1/17
Women’s Future Center
13:30~16:00
参加者 12名

2015年度の第1回は、WordPressについての疑問質問&もくもく会を行いました。
各自わからないこと悩んでいることを知識のあるひとが個々にあたって答えてあげる、さらにわからないときは他に知識のあるひとを交えて答えを探していこう、というものでした。
これからお仕事などでWordPressを触っていこうという、初級のかたに多くのご参加をいただき、まだまだWordPressへの関心の高さも感じられる会でした。

和同弁知 (WordPress勉強会) 2014年度 第11回 ふりかえり

2014/12/20
Women’s Future Center
13:30~16:00
参加者 11名

13:30~13:45 開会・ガイダンス
14:00~15:50 Session1:- WordBench アーカイブ Vol.3 –
「Webデザイナーが教える初めての人向けのGit」
スピーカー : コンチさん

今回は、昨年WordBench大阪で行われたセッションから
Webデザイナー、コーダーなど、いわゆるノンプログラマーのお仕事をされているかたでも
利用されることが多い、更新管理ソフトのGitについてのお話とハンズオンをしていただいたコンチさんにお出でいただき、

図解を交えたスライド解説のあと、各々のパソコンにインストールしたSourceTreeを使って、個人のローカルでファイルデータを更新して
岡本さんとお二人で、巧妙なトークを交えて(?)サポートされ、Gitの基礎を実践で学びました。

コンチさんいわく、Gitは今後グループでのプロジェクトでは必須になり、Adobeのエディタソフト並みに重要になるに違いないもので
実際に触って、疑問をもって調べて解決していくことがマスターするコツであるとのことでした。

今回もご参加いただきましたみなさん、ありがとうございました。

和同弁知 (WordPress勉強会) 2014年度 第10回 with ママWeb勉強会 第4回 ふりかえり

2014/11/15
Women’s Future Center
13:30~16:00
参加者 17名

10:00~10:15 開会・ガイダンス
10:15~11:15 Session1:
フリーランスママ佐多愛美の『私はこうやってお仕事と育児を両立させてます!』WordPressでWebサイト構築時短術!
スピーカー : 佐多愛美さん

11:30~11:50 Session2:WordPress、フリーランス、育児しながらのお仕事など あれこれ質問&座談会

今回はWordBench奈良とともにWomen’s Future Center(ウィメンズフューチャーセンター)をホームとする、ママWeb勉強会と共催で、この1年で妊娠・出産を経験され、その経験にもとづく講演が各地で人気の、大阪でフリーランスをされている佐多愛美さんに奈良までご足労いただき、みんなでお話をうかがいました。

子育てに大きく時間を割かれながらも、SNSやチャットツールを活用し、WordPress制作だからこそ時間を効率よく使うコツをはじめ、お仕事をこなしていくノウハウをお話いただきました。

はじめての午前開催でしたが、とくに女性のかたの参加が多く、全体としても参加人数の多い回となり、後半の質問タイムから閉会後のお食事会にわたり、女性の方からの多くの積極的な質問があり、佐多さんのお話に刺激を受けられた方の声もたくさん聞かれました。

今回もたくさんのご参加ありがとうございました。

関連記事

和同弁知 (WordPress勉強会) 2014年度 第9回 ふりかえり

2014/10/18
Women’s Future Center
13:30~16:00
参加者 18名

13:30~13:45 開会・ガイダンス
14:00~15:15 Session1:- WordBench アーカイブ Vol.2 –
「Webデザイナーの為のSEO基礎」
スピーカー : 山下みつるさん (株式会社ハブネット 代表取締役社長)
15:30~15:50 Session2:WordPressとSEOについてのあれこれ質問&座談会

今回は、大阪から株式会社ハブネット代表の山下みのるさんにおいでいただき、
「Webデザイナーの為のSEO基礎」のお題で、WordPressをはじめWebサイトに施すべきSEOについておしえていただきました。

SEOはWebデザイナーの範疇でもプログラマの範疇でもない、
しかしながら、いまやWeb制作・運営には欠かせない第3の分野になっています。
そういう意味で、今回のお話はプログラマの皆さんにも必聴の内容だったのではないでしょうか。
第9回はこれまでに増して、関西圏から広くご参加いただけました。

奈良の参加者の傾向にもよっていますが、ここのところ各地WordBenchで、
Webのコンテンツにフォーカスしたセッションが少なかったことに着目してのSEOのお題選択でした。

奈良は奈良としての独自色ある運営を試みつつも、とくに隣府県の取り組みにも目を向けて、
WordPressユーザーに求められる内容を、初演、再演ともにチョイスしていきたいと思います。

今回もたくさんのご参加ありがとうございました。

関連記事

和同弁知 (WordPress勉強会) 2014年度 第8回 ふりかえり

2014/ 9/20
Women’s Future Center
13:30~16:00
参加者 16名
13:30~13:45 開会・ガイダンス
13:15~15:00 - WordBenchアーカイブ –
WordPressの常識をくつがえす超簡単テーマ”doshirouto2014″を作ったのでこれでテーマを理解しよう! (スピーカー: 上村 崇さん)
15:15~15:40 WordPress4.0の特徴 (スピーカー: 高井茂樹)

第1セッションは、「WordPressの常識をくつがえす超簡単テーマ”doshirouto2014″を作ったのでこれでテーマを理解しよう!」。

はじめての試みですが「WordBenchアーカイブ」として、上村 崇さんをお招きして、3月にWordBench神戸で講演されて人気を博したお題を再演いたしました。

独断と偏見で面白おかしくファイルやコードを削ぎ落とし60ほどある公式テーマTwentyFourteenの構成を6ファイルだけにしてしまうというもので、結果として高機能化やブラウザ対応、装飾に使われるものと基礎にものの構成を明らかにし、はじめて触る人にもWordPressの中身をわかりやすく理解しようという画期的な内容で、昨年はTwentyThirteenで、今年も神戸、福井でも講演のあった人気のセッションで、かねてから注目して依頼をさせていただき奈良での再演が叶いました。
予想に違わず、来場いただいたかたの感想はおおむね好評のようでした。

WordBenchは基本的に参加される方が継続で参加される形態である以上、一度みんなが聞いたお題はもう同じところではかからないことから、以降はお蔵入りするのが常ですが、とてももったいないので、講演していただける方の都合がつくならば、鮮度を整えていただいて、今後も他地域のWordBenchで過去にかけられたお題を奈良でかけていこうと思っています。

2セッション目は8/27にリリースされたWordPress 4.0の特徴を紹介させていただくとともに、「日本語版」の成り立ちを例にして、有志の方々によって翻訳されているということ、より良いWordPress、より良いオープンソースは使う私たちによって実現するということをお話し、今後、翻訳などの貢献機会を開催する際の参加協力を呼びかけました。

和同弁知 (WordPress勉強会) 2014年度 第7回 ふりかえり

2014/ 8/23
Women’s Future Center
13:30~16:00
参加者 20名
13:30~14:00 開会・ガイダンス
14:00~14:40 WordPressの基本構造をイチから復習!- WordPressの構造から動的ページ作成まで (スピーカー: 若林健一)
15:00~15:40 大質問大会

Session1:WordPressの基本構造をイチから復習!- WordPressの構造から動的ページ作成まで –

前回終了時の参加者アンケートをもとに、選出された内容で、スピーカーは若林さん。

静的HTMLで組まれた「日記」の数ページをナビゲーションや共通部分と、
日毎に変わる内容の部分とをPHPファイルに分解し、
共通部分をHeader、Footerの「テンプレート」にして「読み込み」を行う、
WordPressの仕組みと基本構造をライブで再現されて、わかりやすいお話でした。

Session2: 大質問大会

おもに、事前にネットで募集されたものに対する回答でした。
ご自身でWordPressでつくられているホームページの運用にかかわる内容が目立ち、
機能面や管理に関するアイデアが交換されました。

関連記事